スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO5

s-2010_0207柿いろいろ0002


5回目の本日は、定年を間近にひかえ

これまで人生を、50年、60年近く生きてきた


定年世代の人ならではの、インターネットビジネスを紹介したいと思います



人生を長く生きてきた人の強みはなんでしょう!


そう、すべてのことに時間をかけてきたということです

これが、20代、30代との大きな違いで、強みです



その長い時間をかけて、習得してきた仕事や、趣味や人生の機微の

知識、経験、ノウハウを本に書く、というビジネスはどうでしょうか


どんなにありふれた仕事や趣味でも、見方を少しだけ変えると

それだけで、おもしろい読み物になるし

読み手の興味をくすぐる、物になるはずです




本を書くなんてとんでもない、などと言わずにまあ聞いてください


今、述べたような本は、いわゆる作家さんが書く小説とは違い

泣かせたり、笑わせたりさせるテクニックもいらないし

感動させたりもしなくていいのです



自分が経験してきて、知っていることを

解りやすく、読みやすい文章で書けばいいだけです


小説のような起承転結もいりません



見出し用の小さなタイトルを、思いつくだけ書き出して


そのタイトルに沿った、短い文章を書いていき


出来上がったら、種類別に分けて大見出しにします


はじめの言葉と、終わりの言葉として、2,3ページづつ書いて

合わせて150ページ前後ぐらいのボリュームになれば、立派な本の出来上がりです


手紙が書けて、ビジネスメールが書けて、ブログに日記が書ける

人なら、だれでも書けそうな気がしませんか!



試しに近くの、大型書店をのぞいてみてください

こんなことでも本にしていいのか、というようなものがたくさんあります


自分が経験してきた仕事を、マニュアル化した本、様々なお金を儲けるやり方の本

マニアックな世界の本、いろんな業界の営業マンがノウハウ公開した本

いろんな業界の現状を解説した本、あげるときりがありません




要はなんでも本にしてかまわないし、どんなことでも情報として

求めている人は、少なからず存在するということです


書店に並んでいる本の大半は、商業出版といって

出版社が費用を出して、制作しているものです



著者は価格の10%ぐらいを、印税として受け取るはずです



本を出すにも、色々やり方はあるようですが

大きくわけると、先ほどの費用出版社持ちの、商業出版と

費用自分持ちの、自費出版です



先ほどの、150ページぐらいの本でも自費で製作すると

部数にも寄りますが150万円ぐらいはかかるそうです



でも安心してください、ここで紹介するのはインターネットを使い

費用もできるだけゼロに近いやり方で、おすすめしているので大丈夫です




何年か前から、電子出版という書店では売られていない書籍があります


最近の若い子達が、音楽をCDで買わず携帯やipodなどに

ダウンロードして聞くのと同じで、本もダウンロードして読むのです



これだと、何百部、何万部と印刷する必要がありません



著者は、パソコンのワードという文章作成ソフトを使って決められた

フォームで自分で、ブログを書くような感じで書いていけるのです


出来上がったら、電子出版サービスをしているところが

すでにたくさんありますから、そこに登録して自分の著作を売ってもらいます


売れた部数に対して、手数料として10~20%ぐらいを

電子出版サービスの会社に払います



ここで10%しか入ってこない印税と、80~90%も

入ってくる印税、この違いも大きいと思いませんか!



本を出すという手法は、実はまだまだいろいろとあります

それはまた、違う機会に書きたいと思います


一つ秘密をいうと、なにか1個ネタがあればすこしづつ

見方、角度を変えて書くと3,4冊は同じネタで書けるということです



江原さんは、スピリチュアルという独自の大きなネタでもう何十冊と

書いておられます、彼の本を見るとこの見方

角度の変え方の参考にとてもなると思います



このように昔なら、本を出版するということも

それを売るということも、かなりたいへんだったはずですが


時代が変わり、だんだんと世の中も普通の人でも

いろんなことが、お金をかけずに出来るようになってきました



ただ自分が、チャレンジする気があるか、どうかということだけです/span>


QHM(クイック・ホームページ・メーカー


「言葉は心のビタミン堂」のホームページは、実はブログと同じ感覚で作っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。