スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO5

s-2010_0207柿いろいろ0002


5回目の本日は、定年を間近にひかえ

これまで人生を、50年、60年近く生きてきた


定年世代の人ならではの、インターネットビジネスを紹介したいと思います



人生を長く生きてきた人の強みはなんでしょう!


そう、すべてのことに時間をかけてきたということです

これが、20代、30代との大きな違いで、強みです



その長い時間をかけて、習得してきた仕事や、趣味や人生の機微の

知識、経験、ノウハウを本に書く、というビジネスはどうでしょうか


どんなにありふれた仕事や趣味でも、見方を少しだけ変えると

それだけで、おもしろい読み物になるし

読み手の興味をくすぐる、物になるはずです




本を書くなんてとんでもない、などと言わずにまあ聞いてください


今、述べたような本は、いわゆる作家さんが書く小説とは違い

泣かせたり、笑わせたりさせるテクニックもいらないし

感動させたりもしなくていいのです



自分が経験してきて、知っていることを

解りやすく、読みやすい文章で書けばいいだけです


小説のような起承転結もいりません



見出し用の小さなタイトルを、思いつくだけ書き出して


そのタイトルに沿った、短い文章を書いていき


出来上がったら、種類別に分けて大見出しにします


はじめの言葉と、終わりの言葉として、2,3ページづつ書いて

合わせて150ページ前後ぐらいのボリュームになれば、立派な本の出来上がりです


手紙が書けて、ビジネスメールが書けて、ブログに日記が書ける

人なら、だれでも書けそうな気がしませんか!



試しに近くの、大型書店をのぞいてみてください

こんなことでも本にしていいのか、というようなものがたくさんあります


自分が経験してきた仕事を、マニュアル化した本、様々なお金を儲けるやり方の本

マニアックな世界の本、いろんな業界の営業マンがノウハウ公開した本

いろんな業界の現状を解説した本、あげるときりがありません




要はなんでも本にしてかまわないし、どんなことでも情報として

求めている人は、少なからず存在するということです


書店に並んでいる本の大半は、商業出版といって

出版社が費用を出して、制作しているものです



著者は価格の10%ぐらいを、印税として受け取るはずです



本を出すにも、色々やり方はあるようですが

大きくわけると、先ほどの費用出版社持ちの、商業出版と

費用自分持ちの、自費出版です



先ほどの、150ページぐらいの本でも自費で製作すると

部数にも寄りますが150万円ぐらいはかかるそうです



でも安心してください、ここで紹介するのはインターネットを使い

費用もできるだけゼロに近いやり方で、おすすめしているので大丈夫です




何年か前から、電子出版という書店では売られていない書籍があります


最近の若い子達が、音楽をCDで買わず携帯やipodなどに

ダウンロードして聞くのと同じで、本もダウンロードして読むのです



これだと、何百部、何万部と印刷する必要がありません



著者は、パソコンのワードという文章作成ソフトを使って決められた

フォームで自分で、ブログを書くような感じで書いていけるのです


出来上がったら、電子出版サービスをしているところが

すでにたくさんありますから、そこに登録して自分の著作を売ってもらいます


売れた部数に対して、手数料として10~20%ぐらいを

電子出版サービスの会社に払います



ここで10%しか入ってこない印税と、80~90%も

入ってくる印税、この違いも大きいと思いませんか!



本を出すという手法は、実はまだまだいろいろとあります

それはまた、違う機会に書きたいと思います


一つ秘密をいうと、なにか1個ネタがあればすこしづつ

見方、角度を変えて書くと3,4冊は同じネタで書けるということです



江原さんは、スピリチュアルという独自の大きなネタでもう何十冊と

書いておられます、彼の本を見るとこの見方

角度の変え方の参考にとてもなると思います



このように昔なら、本を出版するということも

それを売るということも、かなりたいへんだったはずですが


時代が変わり、だんだんと世の中も普通の人でも

いろんなことが、お金をかけずに出来るようになってきました



ただ自分が、チャレンジする気があるか、どうかということだけです/span>


QHM(クイック・ホームページ・メーカー


「言葉は心のビタミン堂」のホームページは、実はブログと同じ感覚で作っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO4

500x500-49152.jpg


前回はインターネットビジネスの、種類などを簡単に書いてきましたが

本当はまだまだ、たくさんのやり方、種類などがあります


要は、自宅のパソコンから、自分のビジネスを宣伝し、集客をして

販売をするという流れは、だいたいのビジネスに当てはまると思います


もちろんそのような流れを、採らないものも、いろいろあるのも事実です




たとえば、実店舗で物販のお店を開業するのと

ネット上にお店をオープンさせるのとの違いはというと

まずは初期投資の金額が、大きく違ってきます


規模にもにもよりますが、スタートから何百万円という実店舗に対して

ホームページを、自分で作る場合などやブログを使う場合などは

限りなくゼロ円に近い資金でスタートできる、インターネットビジネスです



そして、限られた商圏をターゲットにする店舗ビジネスに対して


全国を、もっと言えば世界中をお客に出来るインターネットビジネスです




しかし一つ問題は、世界を相手に出来るビジネスも

ホームページ、ブログを開設しただけでは、だれにも存在を知られることはないのです



初期投資が少ない分、それと実店舗がない分、一番苦労するのが

ネット上での宣伝と集客作業です




そこで生きてくるのが、事前に始めるブログです



ブログを開設して、最初は練習の意味で単なる日々の日記でもいいのですが

慣れてきたら、その辺の将来のビジネスビジョンも平行して模索しながら


これだと思うものが出てきたら、早めにブログのタイトルや

コンテンツ(内容)もスパッと切り替えて、より将来に向けた

ブログ内容を充実させるべきだと思います



それが、半年、1年、2年と経つうちに

あなたのブログファンもすこしづつ増えて、将来のビジネスの足固めが

しだいに出来てくるはずです




QHM(クイック・ホームページ・メーカー


「言葉は心のビタミン堂」のホームページは、実はブログと同じ感覚で作っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO3

s-2010_0203柿いろいろ0003


インターネットを使うビジネスには、どのようなものがあるかというと

簡単に調べられるのは、書店に行きビジネス書のコーナーを

じっくり見てみると、だいたいの種類がわかると思います



大まかに分けて、現在主流となっているものが4つぐらいあります



ホームページを立ち上げて、いろんな物販をネット販売するというやり方


アフィリエイトといって、企業や個人が販売しているものを

自分のホームページ、ブログ、メールマガジンなどで宣伝してあげて

自分のサイト経由で、誰かが商品を購入すると、何パーセントかのマージンを得るというやり方


ドロップシッピングといって、これも企業と契約したり、ドロップシッピング専門の企業と

契約して、そこの商品をネット上で委託販売をさせてもらう、かたちの商売のやり方



アフィリエイトと、ドロップシッピングの違いはというと

通常は自分が得るマージンが違います


通常1~5%のアフィリエイトに対して、30~50%のドロップシッピングです

単に宣伝活動だけと、リスクはないものの物販をネット上で行っているという違いもあります


4つ目は、情報起業といって

自分の経験、体験、知識、ノウハウを文章化して

電子書籍化して、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)などを通じて販売するというやり方


このほかにも自分のアイデアしだいで、起業できるものはさまざまだと思います



ポイントは自分の得意なこと、好きなこと、知識、経験があることを

ベースにキャッシュポイントを探してみることです


ブログのネタ選びもその辺のことを、始めから意識して

日々、記事をかいていくと、ブログの読者が


将来のお客さん、ということにもなってくるでしょう



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO2

0020X816576.jpg


充実した日々を送る為には、もちろんこれでなきゃいけないということはありません



再度、同業種に再就職することもいいでしょう

新たに別業界にいうことも、出来ないわけではないでしょうが

定年後の再就職は、よほどのコネクションがあっても

限りなく難しいといえるでしょう


ではどうしたらよいのか・・・・・・??


ここは一番、独立起業をめざしてみたら、いかがでしょうか!!


これはわたしの実感です、なにか自分で出来ることがあれば

50代以上のひとには、自分で起業することが一番良いと思います


それくらい、中高年の再就職はむずかしいと感じました


人に使われることも無く、自分のペースで

それも自分ひとりで、ほとんど資本もかけずに、自宅の部屋で

スタートできるビジネスがあれば、わたしには起業なんて、とてもとても


と思われた方でも、挑戦してみようかという気になりませんか!




そんな自分ひとりで、資本が無くても、自宅で出来るビジネスがあるんです


パソコンを使ったインターネットビジネスです



わしゃー起業もだめじゃが、パソコンはもっとだめじゃという声も聞こえてきますが


心配いりません、わたしは会社員のときはいっさいパソコンを

使う仕事をしたことがありませんでした


現在まで4台のパソコンを買いましたが、1台目は電源を3,4回入れただけで

手も足も出ず、飾り物に

2代目はネットに繋げず、遊び道具でした



やっと3台目で、ネットにつながり、今はフル活用といっても

ワードや、エクセルというものなども使えないし、まだまだできないことだらけです


世間の大方の会社員だった人は、事務職、営業職なら

パソコンはお手の物ではないでしょうか?



もし私のように、まったく使ったことが無いという方でも

定年後の人生において、是非このパソコンというものを自分の

生活に取り入れていただきたいのです



たとえビジネスでということに、ならなかったとしても

パソコンというものは、日々の生活が楽しくなり

驚くほど便利になりますから


今は、市町村の公民館・区民センターなどで、無料の講習会もおこなわれています


しかし、わたしの一番のおすすめは、ブログを始めるということです


最初のスタートだけを、息子、娘に、あるいは公民館で習って

自分で日記、趣味のブログを作ってみるのです



ブログの操作には、いろんなインターネットに関係する要素や、パソコンの

学びが詰まっていますので、大いに役立つはずです


そして、ブログを書いていくことが先でインターネットビジネスを

はじめるときにも役立つ、要素がいっぱいあります


定年後の準備には、パソコンから自分のブログを立ち上げることをお薦めします







QHM(クイック・ホームページ・メーカー

定年まで、あなたはあと何年ありますか?シリーズ NO1

s-2010_0102柿いろいろ0004


定年退職。

もちろん、もうすぐという方も

まだ5年ある、いや私はまだ10年あると言う方も

漠然とは、退職後の生活について、考えておられることでしょう


しかしたとえば、50歳を過ぎてからの1年はとても速く感じるものです



年金、退職金があるから、退職してからゆっくり考えればいいという

考えもあるでしょう


また老後の蓄えは、充分あるのでカミサンと二人旅行や趣味をして

のんびり暮らすと決めている、という人もたくさんいるかも知れません




しかしこの、のんびり暮らすということ

意外と、人間の生き方に向いていないようなのです


旅行や趣味も、たまに行くからいいのであって

いつでも行ける、となると、はじめの内はよくても

だんだんつまらなくなります、飽きてもきます


半年、1年も続けたらもう充分でしょう


きっと人と関わること、仕事がしたくなります、働きたくなります

給与の問題ではありません、日々の充実感がほしくなります







QHM(クイック・ホームページ・メーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。